スマホ画面のヒビを目立たなくするには

修理不要!スマホのヒビを改善するコツと技術

>

生活必需品となったスマホ

強いガラスを使っているのではないか?

年々スマホの性能が良くなり、スペックだけでは無く外装も強化されています。防塵・防滴だけでは無く10mの深さまで落としても問題の無いタイプもあります。
しかしどんなに性能が良くなっても液晶割れは後を絶ちませんし、なぜ液晶を強く出来ないのか疑問に思ってしまいます。また強度の強いガラスを使っているので割れにくいと謳っているも、絶対に割れないものは存在しません。
その理由はスマホの性能進化にありました。性能がよくなるとそれだけ部品が複雑化したり、画面を大きくする為にベゼルを細くしたりしなければいけません。その為、強度の強いガラスを使っても薄くしなければならないので衝撃に弱くなってしまいます。現に昔のスマホはガラスが厚いので今よりも割れにくかったです。

割れてしまう原因について

酔っ払っている時にスマホを触り、つい落としてしまった。階段から落下させる、またはテーブルから落とす。日常生活でスマホを使っている際に落下の危険は常に生じます。またズボンのお尻ポケットに入れたまま移動し、そのまま座ると1度でアウトです。
ちなみにスマホの液晶は四隅から割れるのがほとんどで、使い続けている内にヒビが大きくなってしまう事もあります。OSを含むシステムに問題は無いのでそのまま使い続けているが、見た目が良くないですし指でヒビの部分をスライドすると引っかかってしまう事もあり、操作性はよくありません。
スマホの液晶割れは不可抗力で割ってしまっているので、液晶保護シートなどで予防するくらいしかありません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る