スマホ画面のヒビを目立たなくするには

修理不要!スマホのヒビを改善するコツと技術

>

自分でスマホの液晶割れを防ぐ方法

自分で出来るセルフ修理をやってみよう

修理に出すと有償、且つ高額になりやすい液晶割れですが実は自分で修理が出来ます。いくつかの方法がありますが、最も簡単に出来るのがレジン液を使った補修方法です。
レジン液というのは紫外線硬化樹脂といって、紫外線に反応して硬化する液体です。数百円で手に入るので手軽に修理出来るのも魅力です。
まずスマホの割れている部分にレジン液を塗って硬化させます。UVライトがあれば良いですが無い場合は日光でも十分です。硬化したら保護シートを被せるだけでOKです。しっかりと固まってくれるのでこれ以上ヒビが大きくなりませんし、レジン液を塗る事でヒビがうまく隠れるので見た目も良いです。
この方法は半分以下のヒビに有効ですが。全体的に割れている場合はおすすめ出来ません。

分解して液晶パネルを交換?

やや知識のある人向けですが、思い切って自分で液晶パネルを交換してしまう方法もあります。スマホショップやキャリアのお店ではなく、ネットで液晶を探し購入します。自分の使っているスマホの機種と「液晶パネル」と検索すると出てきますし、価格も3000円程度で購入出来るので修理よりも安上がりです。
この時にスマホ修理キットを購入するのも忘れないで下さい。スマホは通常よりも小さなネジだったり、特殊な接着剤を使ったりしている事が多いので、専用のキットが必要です。分解に関してもネットに動画が公開されているので見ながら修理をすれば安上がりです。
但しこの方法は知識が必要ですし、万が一失敗しても自己責任になるので必ずバックアップをした上で行いましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る